本文へジャンプ

Top Page

会社概要

実績の例
お問合せ先



会社概要



株主 / 代表取締役社長 : 安田 信





中堅企業の国際間のM&Aと企業提携、及びプライベート エクイティ投資に40年を超える経験を持つ。1970〜80年代に活発に活動していた、日・米・欧州・豪・加のトップ企業243社の多国籍共同事業で、アジア開発の為の企業育成会社であったPICA(日本名:アジア民間投資会社)に約20年勤務。 後半は同社のExecutive Vice PresidentMain Board Member)。アジア諸国に於いて永年にわたって数多くの企業の設立、・M&A・資本参加・経営・企業育成に関わり、Elders PICAの会長を経て、1987年以来コンサルティング会社(現社名:株式会社安田信事務所)を設立、国際間の企業提携とM&Aに於ける助言を行ってきた。


1990年より香港ベースのプライベート エクイティ投資会社大手、PAMA Group(旧Prudential Asiaとの合弁の形をとり、株式会社ヤスダ アンド パマ リミテッドとして独自のM&A活動の他、PAMA Groupのプライベート エクイティ ファンド活動に参加、助言と支援を行った。2008年に合弁形態を円満に解消し、社名も株式会社安田信事務所 となり、今日に至っている。


安田 信は又同時に、内外の種々の企業の独立取締役(社外取締役)及び顧問も兼ねてきた。現在は、三和ホールディングス株式会社 東証一部上場会社)の取締役、兼松繊維株式会社の取締役、NIF-PAMA Japan Private Equity Fund 投資委員、Fung Capital Japan Advisor、等も兼任している。


過去の兼職状況には、アズビル株式会社(旧社名:山武)取締役を10年間、又、香港交易所一部上場会社であり、マルチナショナルの大手商社、 Li & Fung Limitedの取締役を10年間勤めた他、(株)ケンウッド監査役、日本通信(株)取締役、Dodwell Japan取締役、Elders Finance Group Limited取締役、Atlas Copco Japan 取締役会議長、安田信託業務顧問、HSBC Japan AdvisorInterface Asia Pacific Advisor、等々がある。

 

又、学校法人や財団法人、社団法人の役員も兼ねる。



学歴は、学習院大学政経学部1960年卒(経済学士) 及び 米国 University of Illinois College of Commerce 1963卒(会計学修士)。1937年生まれ。




著書:
同文舘出版

  世界で通用する日本人であるために

     −これからのビジネスリーダーに贈る45の視点”(2013年)

 

           










副社長 : 中村 建二郎






1971年 一橋大学経済学部卒業後、三井物産に入社。1981年 アルゼンチン三井物産機械課長、1992年 メキシコ三井物産機械ダイレクター、1993年 同社副社長、1997年 ペルー三井物産社長、2000年 三井物産本店 通信・輸送・産業プロジェクト本部 産業プロジェクト部長、2002年 同本部産業システム事業部長、を経て、2003年 三井リース事業株式会社(現 JA三井リース株式会社)に入社、2004年 執行役員 営業第一本部本部長、2006年より2010年まで常務執行役員及び顧問を歴任。現在は、アトラスコプコ取締役、二シケン取締役を兼ねている。

貿易業務、大型プロジェクトの組成、海外市場での機械 (自動車・建設機械・工作機械)販売、及びM&A含む会社立ち上げ業務に32年間(1971〜2003年)従事した。得意とする海外市場は、北中南米。

また、2003年からの7年間は、機械・情報・医療部門のリース及び融資業務及びレンタル業務を開拓。